<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

ENGLISH 入試情報 中部大学について 学部・大学院 学生生活 就職・キャリア 留学・国際交流 研究 入試情報 中部大学について 学部・大学院 学生生活 就職・キャリア 留学・国際交流 研究 JP EN トップ 入試情報 中部大学について 学部・大学院 学生生活 就職・キャリア 留学・国際交流 研究 地域連携・生涯学習 教員情報 お知らせ イベント 企業の方 卒業生の方 保護者の方 寄付のお申し込み 在学生の方 Tora-Net 教職員専用 交通アクセス お問い合わせ 中部大学について 中部大学についてトップ 中部大学の特長 交通アクセス 建学の精神 基本理念・使命・教育目的 学長メッセージ 学士課程における多様な学修の質的・量的充実に関する基本方針 沿革 学則・学位規程 大学組織 中部大学校歌 中部大学ロゴマーク 学校法人中部大学・併設校 情報公表 事業報告・財務情報 中部大学の外部評価 設置認可申請書等 大学の活動 中部大学WEBミュージアム 中部大学ライブラリー 中部大学ガバナンス・コード 次世代育成支援対策行動計画・女性活躍推進行動計画 エコキャンパス 地域連携、産学連携等の協定 中部大学スポーツ宣言 交通アクセス 交通アクセストップ キャンパスマップ 学部・大学院 学部・大学院トップ 工学部 経営情報学部 国際関係学部 人文学部 応用生物学部 生命健康科学部 現代教育学部 理工学部 工学研究科 経営情報学研究科 国際人間学研究科 応用生物学研究科 生命健康科学研究科 教育学研究科 学部教育の特色 持続社会創成教育プログラム 次世代研究者挑戦的研究プログラム 工学部 工学部トップ 機械工学科 都市建設工学科 建築学科 応用化学科 情報工学科 ロボット理工学科 電気電子システム工学科 宇宙航空理工学科 理工学部 理工学部トップ 数理・物理サイエンス学科 AIロボティクス学科 宇宙航空学科 国際関係学部 国際関係学部トップ 国際学科 応用生物学部 応用生物学部トップ 応用生物化学科 環境生物科学科 食品栄養科学科 食品栄養科学専攻 食品栄養科学科 管理栄養科学専攻 現代教育学部 現代教育学部トップ 幼児教育学科 現代教育学科 現代教育専攻 現代教育学科 中等教育国語数学専攻 経営情報学部 経営情報学部トップ 経営総合学科 人文学部 人文学部トップ 日本語日本文化学科 英語英米文化学科 心理学科 歴史地理学科 メディア情報社会学科 生命健康科学部 生命健康科学部トップ 生命医科学科 保健看護学科 理学療法学科 作業療法学科 臨床工学科 スポーツ保健医療学科 工学研究科 工学研究科トップ 機械工学専攻 電気電子工学専攻 建設工学専攻 応用化学専攻 情報工学専攻 創造エネルギー理工学専攻 ロボット理工学専攻 宇宙航空理工学専攻 国際人間学研究科 国際人間学研究科トップ 国際関係学専攻 言語文化専攻 心理学専攻 歴史学・地理学専攻 生命健康科学研究科 生命健康科学研究科トップ 生命医科学専攻 看護学専攻 リハビリテーション学専攻 保健医療学専攻 経営情報学研究科 経営情報学研究科トップ 経営情報学専攻 経営学専攻 学部教育の特色 学部教育の特色トップ SDGs学際専攻(学長認定資格) AI数理データサイエンスプログラム 全学共通教育 教職課程 学芸員課程 司書課程 日本語教員養成講座 人間力創成教育院 創造的リベラルアーツセンター AI数理データサイエンスセンター 学生生活 学生生活トップ 行事・イベント 施設紹介 キャンパスマップ クラブ・サークル サポート組織・制度 授業 学費・奨学金 SNSの利用ガイドライン Chubuly Style 施設紹介 施設紹介トップ 不言実行館ACTIVE PLAZA 附属三浦記念図書館 民族資料博物館 蝶類研究資料館 総合情報センター 体育・文化センター キャンパスプラザ 学生ラウンジ 食堂・売店・ショップ案内 三浦幸平メモリアルホール 工法庵・洞雲亭・爛柯軒 中部大学研修センター(恵那) 東京サテライトオフィス 就職・キャリア 就職・キャリアトップ 中部大学のキャリア教育支援体制 就職実績 企業人事ご担当の方へのご案内 中部大学のキャリア教育支援体制 中部大学のキャリア教育支援体制トップ 就職サポートプログラム インターンシップ 各種講座・検定試験 進路支援システムC-NET 就活ドリル~筆記対策トレーニング~ 研究 研究トップ 中部大学の研究活動 産官学連携 研究の適正な推進について 研究所・センター 申し立て窓口 中部大学の研究活動 中部大学の研究活動トップ 研究に関するプロジェクト 科学研究費採択実績 中部大学海外研究員 成果報告書 教育に関するプロジェクト 文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 産官学連携 産官学連携トップ 産官学連携について 提携メニュー 研究戦略部門 研究支援センター、産官学連携教育研究センターについて 入試情報 入試情報トップ インターネット出願ガイダンス 出願・受験・合否・手続・CUhubマイページ OPEN CAMPUS Webオープンキャンパス 入試案内 入学試験要項 資料請求 LINE@中部大学入学センター 中部大学 受験生応援チャンネル 入試に関するFAQ 入試案内 入試案内トップ 編入学 大学院 留学・国際交流 留学・国際交流トップ 留学・海外研修 国際交流 留学・国際交流 フォトギャラリー 語学 PASEO(パセオ) 地域連携・生涯学習 地域連携・生涯学習トップ 地域人材育成 公開講座 生涯学習 企業研修 こども大学 自治体との連携 地域連携教育センター 音楽イベント 入試情報 インターネット出願ガイダンス 出願・受験・合否・手続・CUhubマイページ OPEN CAMPUS Webオープンキャンパス 入試案内トップページ 編入学 大学院 入学試験要項 資料請求 LINE@中部大学入学センター 中部大学 受験生応援チャンネル 入試に関するFAQ 中部大学について 中部大学の特長 交通アクセス キャンパスマップ 建学の精神 基本理念・使命・教育目的 学長メッセージ 学士課程における多様な学修の質的・量的充実に関する基本方針 沿革 学則・学位規程 大学組織 中部大学校歌 中部大学ロゴマーク 学校法人中部大学・併設校 情報公表 事業報告・財務情報 中部大学の外部評価 設置認可申請書等 大学の活動 中部大学WEBミュージアム 中部大学ライブラリー 中部大学ガバナンス・コード 次世代育成支援対策行動計画・女性活躍推進行動計画 エコキャンパス 地域連携、産学連携等の協定 中部大学スポーツ宣言 学部・大学院 工学部 経営情報学部 国際関係学部 人文学部 応用生物学部 生命健康科学部 現代教育学部 理工学部 工学研究科 経営情報学研究科 国際人間学研究科 応用生物学研究科 生命健康科学研究科 教育学研究科 学部教育の特色 SDGs学際専攻(学長認定資格) AI数理データサイエンスプログラム 全学共通教育 教職課程 学芸員課程 司書課程 日本語教員養成講座 人間力創成教育院 創造的リベラルアーツセンター AI数理データサイエンスセンター 持続社会創成教育プログラム 次世代研究者挑戦的研究プログラム 学生生活 行事・イベント 施設紹介 不言実行館ACTIVE PLAZA 附属三浦記念図書館 民族資料博物館 蝶類研究資料館 総合情報センター 体育・文化センター キャンパスプラザ 学生ラウンジ 食堂・売店・ショップ案内 三浦幸平メモリアルホール 工法庵・洞雲亭・爛柯軒 中部大学研修センター(恵那) 東京サテライトオフィス キャンパスマップ クラブ・サークル サポート組織・制度 授業 学費・奨学金 SNSの利用ガイドライン Chubuly Style 就職・キャリア 中部大学のキャリア教育支援体制 就職サポートプログラム インターンシップ 各種講座・検定試験 進路支援システムC-NET 就活ドリル~筆記対策トレーニング~ 就職実績 企業人事ご担当の方へのご案内 留学・国際交流 留学・海外研修 国際交流 留学・国際交流 フォトギャラリー 語学 PASEO(パセオ) 研究 中部大学の研究活動 研究に関するプロジェクト 科学研究費採択実績 中部大学海外研究員 成果報告書 教育に関するプロジェクト 文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 産官学連携 産官学連携について 提携メニュー 研究戦略部門 研究支援センター、産官学連携教育研究センターについて 研究の適正な推進について 研究所・センター 申し立て窓口 ワクワク好奇心研究室 Vol.9  お知らせ 一覧 山下裕丈先生 経営情報学部経営総合学科 ご研究の言葉の意味から教えてください。 ― 「生産管理」は、ものづくりのマネージメントです。製造業ではお客様が満足する商品をより安くより早く安全に作らなければなりません。そのために必要なのが生産管理です。 「サプライチェーンマネージメント」は、もう少し広い概念で、良い製品を提供するためには製造業だけが頑張るのではなく、材料を供給している会社、運んでいる物流の会社、売っている小売の会社が協力しなければなりません。これを全体最適化していくことがサプライチェーンマネージメントです。 「IE」はIndustrial Engineeringと言って、仕事の無駄を取り除くための考え方や技術を言います。例えば安くて美味しいイタリアンレストランチェーンがありますが、非常に少ない人数で厨房などを回しています。それは徹底的にレイアウトを考え抜いて、手や足の動きまで無駄がない形で設計をしています。これの基になっているのがIEという考え方です。 高度経済成長の昭和後半の30年、平成30年の半世紀強で、もの作り日本の地位は世界まで上り詰め、衰退もしています。企業はすっかり改善されていると思っていましたが、研究の余地がまだあるということですね。 ― 日本の製造業が世界でトップレベルになった時代でもホワイトカラーの生産性は低いと言われています。単にコンピューターを入れれば業務が効率化するのではなく、仕事のそのもののやり方や組織のあり方と関わってくるのです。最近ではDX(デジタルトランスフォーメーション)がありますが、これは情報システムの導入だけでは足らず、組織そのものから見直していかねばなりません。 例えば受注処理という仕事では、お客さんからFAXで送られてきた注文表をパソコンに自分の書式で入力しますが、FAXの文字が潰れていると相手に電話して「これは6か8か」と聞くことを普通に行っています。優良企業でもお客さんから注文を受けた図面をコピーしてホッチキスで留めてエアーシューター(気送管)で工場に送り出していて、コピー機がズラッと並んでいます。このように優秀な社員が当たり前のようにこなしているという現実がありました。情報システムを入れているにも関わらず、今までの仕事のやり方をできるだけ替えないようにしたいという気持ちが働いています。日本の優秀な社員はそのような非効率の中でも処理して来てしまったのです。今後人手不足が進むと、仕事の標準化や情報システムの置き換えをやらないとやっていけない状況です。 よく言われるのが判子文化ですが、役所の影響は大きいですが廃止するという決断を誰もできないまま来てしまったという極めて日本的です。 判子文化 何十年とそれがまかり通っているということですよね。 ― 実は100年近く続いていて、このようなことが色々な所に無駄という形であります。無駄はどこにあるのかということを見つけ出して、それを改善していくというのが私の研究のテーマです。 伺っていますと会社だけの問題ではなくて、私などは家の中でも捨てられずに紙で残してしまって、その紙がどこに行ったのか探すことをしていますね。 ― その通りで探すという行為は無駄が多いのです。付加価値を産まない仕事、探すという行為を如何に無くしていくか、そのための整理整頓が必要ですが、生産管理の点ではこれを「5S」と言います。整理・整頓・清掃・清潔・躾で、これを徹底していくのが企業のあらゆる所に言えると思います。 先生は早稲田の法学部を卒業されて法律の勉強をされていたのにそちらには行かず、大手の製鉄会社の生産管理配属で大変だったと伺っています。 ― ほとんどものづくりを理解しないまま、工場のスケジューリングの管理などをしていました。一度自分のやってきた事を体系的に勉強し直したいと思い、キャリアップも含め退職して大学院に入学しました。慶応のビジネススクール(KBS)はハーバードビジネススクールのケーススタディをベースに発展してきたのですが、企業の事例が書いてある20ページほどの冊子があり、1日3本ぐらい予習をしなければなりませんでした。基本的には講義はなく、それに関連した専門書を自分で読まなければならないのです。その上で授業に参加したら発言しなければ点数がつきません。これがハードな生活でした。   慶応大学大学院ビジネススクール(KBS)の        恩師と同僚 KBS時代のリクリエーション KBS時代の入学合宿 下田にて 生産管理の中の授業で、おでん串を作っていると伺いましたが何でしょうか? ― 生産管理はイメージが難しいです。学生は工場を見たことがありませんのでものづくりをイメージしてもらうために行っています。紙と割り箸を作っておでん串に見立てたおもちゃを作ります。AチームとBチームが3分間の間にどちらが多く作ることができるか競争させます。これをやると「改善」を学べるのです。より良いものをより早く作る作り方を学び、ものづくりの面白さ難しさを実感してもらうのです。 おでん串考案計画図 おでん串考案PDF 生産ゲーム評価シート 学生はだんだん理解してくるのですね。 ― 最初は沢山作ろうと意識が向くのですが、良いものを作るためには品質が大切だと学び、物の置き方やレイアウトが生産性に影響するのだと理解できます。実際に作業するところをビデオに撮って後からそれを見ると、自分が作業に没頭していた内容を外から客観的に見ることができます。そこで大いに気づくことがあるのです。 経営情報学部の勉強は社会に直結する情報が多いような気がします。 ― 特に企業で必要になる知識や考え方が多いです。会社の経営は、「人、物、金、情報」の経営資源を上手く活用していくことですが、これが求められるのが経営学です。単純に教わったことを暗記するだけでは意味がなく、実際に応用としてやっていかねばなりません。科目の中でビジネスプランがあり、実際に会社を作ろうとしたらどのようなビジネスをするかを考えて、事業計画を考えていきます。考えたビジネスプランを企業の経営者の前でプレゼンテーションをします。これをすることによって、今までバラバラに勉強していた内容が全体的に統合されていくことになります。 学生の間に起業した例もあると伺っています。 ― 私のゼミ生で2011年度に卒業した不破大介君ですが、学部2年生の時に外部のビジネスプランコンテストに優勝して在学中に会社を立ち上げました。現在では「株式会社Dream少年」という会社の代表取締役を務めています。この会社では企業や官公庁向けに、学生向けの広告のプロモーションをしています。バイタリティに溢れる学生で、周りを巻き込んでいくパワーがありました。ビジネスプランを作るときでも経営者の方に実際に話しを聞きに行くことで、自分でアポイントメントを取り、100人目標で会おうと決めていました。起業にはもちろんリスクはありますが、学生さんにはそれにぜひ挑戦していただきたいと望んでいます。またこの学部の中には親が会社を経営していて、いずれ会社を継ぐという学生が毎年入ってきます。こうした学生の中には単純に親の事業を継ぐのではなくて、新たに新規事業を立ち上げる人もいます。これを第二創業と言いますが、実際に活躍している卒業生がいますね。 2022年経営総合学科での講師として登壇する不破氏 新しい事を作っていくと言うことですね。 ― 現状維持は後退なので、時代に合わせて新しい事業を作ることが求められると思います。 とても気になっているのが、先生の研究室にあるビジネスゲーム、モノポリーゲーム、人生ゲームですが、時々やっていますか? ― 中にはゲーム理論から経営学を考える研究をしている学生がいます。そういう目的で買ったということにしています。(笑) 研究室の天井近くに置かれたモノポリー インタビュアー感想:大学卒業後、一大決心されて大企業を辞め大学院へ進まれたことで今の先生があるのですね。学生として大学にいながら一般企業と直結している学問が経営情報学部だと思いました。企業が如何に無駄が多いかは、有能な日本の社員であるにも関わらず、新しいやり方に適応するのではなく、その非効率な無駄をやり切ってしまえるところにジレンマがあるというお話は、苦笑してしまいました。 山下 裕丈経営情報学部 経営総合学科 教授専門分野 生産管理、サプライチェーンマネージメント、IE 教員情報 中部大学についてワクワク好奇心研究室 special thanks Vol.35 ワクワク好奇心研究室 special thanks Vol.34 ワクワク好奇心研究室 special thanks Vol.33 ワクワク好奇心研究室 Vol.32 ワクワク好奇心研究室 Vol.31 ワクワク好奇心研究室 Vol.30 ワクワク好奇心研究室 Vol.29ワクワク好奇心研究室 Vol.28 ワクワク好奇心研究室 Vol.27ワクワク好奇心研究室 Vol.26 ワクワク好奇心研究室 Vol.25ワクワク好奇心研究室 Vol.24ワクワク好奇心研究室 Vol.23ワクワク好奇心研究室 Vol.22 ワクワク好奇心研究室 Vol.21 ワクワク好奇心研究室 Vol.20 ワクワク好奇心研究室 Vol.19 ワクワク好奇心研究室 Vol.18 ワクワク好奇心研究室 Vol.17 ワクワク好奇心研究室 Vol.16 ワクワク好奇心研究室 Vol.15 ワクワク好奇心研究室 Vol.14 ワクワク好奇心研究室 Vol.13 ワクワク好奇心研究室 Vol.12 ワクワク好奇心研究室 Vol.11 ワクワク好奇心研究室 Vol.10 ワクワク好奇心研究室 Vol.9 ワクワク好奇心研究室 Vol.8 ワクワク好奇心研究室 Vol.7 ワクワク好奇心研究室 Vol.6 ワクワク好奇心研究室 Vol.5  ワクワク好奇心研究室 Vol.4 ワクワク好奇心研究室 Vol.3  ワクワク好奇心研究室 Vol.2 ワクワク好奇心研究室 Vol.1   TOP 中部大学について大学の活動ワクワク好奇心研究室ワクワク好奇心研究室 Vol.9  お知らせ イベント 中部大学について 学部・大学院 学生生活 Chubuly Style 就職・キャリア 研究 入試情報 留学・国際交流 地域連携・生涯学習 教員情報 企業の方 卒業生の方 保護者の方 寄付のお申込み 在学生の方 教職員専用 English 中文网站 --> 〒487-8501 愛知県春日井市松本町1200番地 交通アクセスお問い合わせ サイトマップサイトのご利用について個人情報保護方針 Copyright © Chubu University. All rights reserved.

beebet入金反映されない r2ターボ化 ブルワーズ対カブス ギャンボラカジノ評判
Copyright © The Paper All rights reserved.